ロングステイ計画

コラム

資金計画

DSCN0111.JPG計画をしっかりと立て、少しの勇気があれば夢は必ず現実になります。海外でロングステイをする場合、通常二通りのケースが考えられます。セミリタイアをして、あるいは退職後にする場合です。セミリタイアをして生活していくためには十分な資金計画が必要になります。単純に考えても海外のホテルで生活をするだけで1日数万の費用が必要になり、1ヶ月で数十万、百万単位の費用が必要です。当然日々の生活費を何らかの方法で確保しなければいけません。セミリタイアが出来るかどうかは個人差があり必ず可能とは言い切れませんのでこちらでは取り上げません。ただ、ロングステイをほぼ運用費用なしに実現出来る方法としてVacationRentalを活用する方法があります。VacationRentalを利用するのではありません。自身がVacationRentalをする側になるのです。それをすること
により、Rental収入を自身の滞在生活費用、渡航費用に出来ます。又、不動産を所有している(滞在する場所がある)ことにより自身の滞在費は不要となります。ただ、この方法では資金にもよりますが1か所へのロングステイが通常となります。複数地域へのステイでは大手ホテル、観光会社のバケーションクラブ等を利用する方法がありますが、ロングステイでは莫大な費用が必要になります。今回の方法だと普通のサラリーマンが余り無理をせず実行に移すことが可能だと考えます。不動産もフルキチン、1ベッドルーム、1バスルーム程度ですとそう高くありません。


何をするか

DSCN0110.JPG上述しましたが、1か所へのロングステイとなりますので、どこで何をしたいかというはっきりとした目標が重要になります。又、この方法では最も重要な要素はVacationRentalが可能な地域、物件と自身の何がしたいかの目標を合すことです。


いつ実行

DSCN0144.JPGどこで何をしたいか、その為にはどれ位の資金が必要かを明確にしなければいけません。その資金が明確になったところで実行までに何年必要かが見えてきます。資金は勿論ローンでも可能だと思います。独身の方、家族が居る方、それぞれにロングステイが可能になる時期が変わるでしょう。











その他情報

これは、別荘保持者が自身の別荘を必要とされる人にレンタルするためのサイトです。
このサイトが仲介し、直接オーナーと借用者が取引をするものです。
http://www.ownerdirect.com/accommodation/canada

不動産情報(ゴルフ場の一戸建て等)
http://www.gallagherscanyon.com/

こちらはプロがGolf Skins Gameを実施するPredetorRidgeです。
http://www.predatorridge.com/own/current-opportunities












アクセスカウンター

PTA.gif